婦人科・診療案内

■更年期相談

閉経という自然現象とともに、からだの変調が訪れる更年期。予期しない症状が次々と現われる更年期障害に、漠然と恐怖感を抱いていませんか。しかし、不安を感じることはありません。症状だけでなく対処法も事前に学んでおけば、きっとうまく乗り切れます。

更年期とは

女性の身体は卵巣から分泌される女性ホルモンにより大きな影響を受けています。女性ホルモンには、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類があり、互いにバランスをとりながら働いています。20-30才代に活発に働いていた卵巣は50才前後で急激にその機能を停止してしまいます。これに伴い、それまで順調に訪れていた月経が不規則になり、やがて閉経を迎えます。この閉経前後の一連の移り変わりの時期を『更年期』といいます。閉経を迎える時期には個人差があり、一般には閉経をはさんでの前後10年くらいの間をいいます。

更年期障害の症状

更年期には卵巣のはたらきが急激に低下すること、またこの時期の女性を取り巻く環境による心因的ストレスによって心身に様々な症状が現れます。最も多いのは顔のほてりやのぼせです。また、不安、イライラ、不眠、憂鬱など心理的、社会的なストレスが絡み合って心理面や精神面の不調となって現れることもあります。どんな女性にも卵巣機能の低下は訪れますが、その症状の現れ方はかなりの個人差があります。

また、閉経以降には『高脂血症ー動脈硬化』や『骨粗鬆症』といった成人病が増えることが知られていますが、その原因としてもエストロゲンの慢性的な減少が関わっています。

更年期障害の治療法

更年期の症状には個人差があるようにその治療法も症状によって異なりますが、不足している女性ホルモンを補うホルモン補充療法(HRT)がよく行われています。エストロゲン投与のみでは子宮体癌が発生しやすいため、エストロゲンとプロゲステロンを併用します。

その他、不眠やイライラといった症状をとるために自律神経調整薬や安定剤なども投与します。また、合併症のためにHRTが出来なかったり、ホルモン剤を飲みたくない人には漢方薬による治療を行います。

HRTをどれくらいの期間続けるかについては、治療目的によって異なります。更年期の不定愁訴と呼ばれる一時的な症状を改善させるためには数ヶ月から数年続けます。

ホルモン補充療法の副作用

HRTにおいて、時に規則的な出血、乳房のはり、おりものの増加が見られることがあります。このような症状に対してはホルモン剤の量や飲み方を変えて様子を見ます。エストロゲンの使用で乳癌の発生率がHRTをしていない人に比べてやや増加するという報告がありますが、はっきりとした結論は出ていません。

子宮癌、乳癌に関してはHRTを受けている人も、受けていない人も早期発見のため定期検診を受けることが大切だと思われます。
また、ホルモン剤は肝機能や血液凝固系に影響を与えることがあるので定期的な血液検査も必要です。

最後にこれから、我が国も高齢化社会へ入っていきます。現在、我が国の女性の平均寿命は約84歳です。平均閉経年齢が50~52歳と考えますと、閉経後30年間を更年期障害と戦うより、いかに楽しく更年期時代を過ごすかと考えなくてはいけません。更年期症状でお悩みの方は、気軽にご相談下さい。