無痛分娩(硬膜外無痛分娩)

麻酔薬を使って、陣痛の痛みを軽減して出産する方法です。現在では無痛分娩といえばほとんど硬膜外麻酔が行われます。それは硬膜外麻酔が次にあげる特徴を持つことから、無痛分娩に適した麻酔法であることが挙げられます。

  • 注入薬液量が少量で済むため胎児への影響がほとんどない。
  • 意識を保てるため、いきむことができる(お産へ積極的に関与できる)。
  • 調節性がある(微調節できる)。

■方法

お産の痛みは、子宮自身の痛みと産道(膣)の痛みに分けられ、それぞれ異なる神経が関与しています。その脊髄の神経をとりまく脊髄液の周囲には、硬膜という厚い膜が有り、その膜の周囲(硬膜外腔)に麻酔液を浸透させる方法を硬膜外麻酔といい、「いきみ」や「子宮収縮」そのものを麻痺させずに、腹部・骨盤・外陰部を支配する痛みの神経のみを麻痺させてくれる非常に都合のいい麻酔方法です。実際は背中に細いチューブを入れて麻酔薬を注入します。もちろん体の一部の痛みは取り除きますが、意識はある麻酔方法で、おなかが張る感じは分かりますので自分でいきむ事もできます。他人まかせのお産ではなく、赤ちゃんが生まれてくる様子もすべてわかり、自分で生んだという実感もあります。

説明図

■メリットとデメリット

最大のメリットとしては、痛みから解放されることで、妊婦さんが精神的、肉体的にとてもリラックスしてお産ができることです。リラックスすることで骨盤の筋肉も緊張せず産道も広くなり安全なお産になります。 痛みが軽減されることにより、痛みからくる血圧の上昇も防いでくれます。普段から血圧の高い方、妊娠中毒症の方には最適とされています。痛みが少なく分娩も短時間で終わるため、産後の疲労回復が早く、普段の生活にもどるのもスムーズです。産まれた赤ちゃんのお世話に必要な体力を、十分にとっておいてあげることができます。またお産が何らかの原因で上手く進まず帝王切開に変更する場合にもスムーズに移行できるのも副次的なメリットといえます。

デメリットとしては麻酔処置そのもののリスクがあるということです。麻酔薬による血圧の変動や吐き気、局所の感染の可能性があります。また稀ですが管の先が硬膜の内側や血管内に入ってしまうことがあります。血圧の変化でこれらはわかりますので、万一これらが考えられる場合、麻酔処置を中断します。麻酔の管を入れる処置がうまくいくかどうかは、(お腹が大きくて苦しいですが)海老のように背中を丸くまげられるかどうかにかかっています。.陣痛が本格的に始まると、なかなか背中を丸くすることが出来なくなります。その結果、麻酔の管を安全・確実に入れられなくなり、管が入らないか入っても十分効果の得られる位置にしか入らないことがあります。
また痛みの感じ方については個人差もありますので量を調節しながら行います。 また、薬液の種類や使用量などにより、子宮の収縮力や、いきむときの腹圧まで弱くなってしまうこともあり、陣痛促進剤や吸引分娩などの割合が若干高くなることもデメリットといえるかもしれません。
麻酔薬を注入している間は、自然の分娩よりさらに慎重な母体と胎児の監視が必要となります。自然陣痛発来に任せて夜間や休日に陣痛が起こった場合、麻酔分娩の処置や監視が人員的に難しいことがあり、ご希望に添えないことがあることをご了承ください。また、遠方の方、出血傾向やアレルギー、背骨の病気のある方等、無痛分娩ができない場合があります。(詳細は検診時にご相談ください)

平成25年1月現在、硬膜外麻酔併用分娩を希望される患者さんに関しては、母児の安全な管理下で実施することを最優先することから、計画分娩を原則としておりますので、ご了承ください。

母児に異常が生じた時は、帝王切開など緊急処置が行えるよう、体制を整えております。

LDR室(2室):陣痛から出産、回復期までひとつのお部屋で、ご家族様と一緒にお過ごしいただけます。