アロマセラピートリートメント

当クリニックでは、入院中に分娩期・産褥期のケアの1つとして、アロマセラピートリートメント(アロマセラピーのマッサージ)をご希望の方に実施しています。アロマセラピーとは、ハーブなどの芳香植物から抽出されたエッセンシャルオイル(精油)を使って心身を治療する方法で、植物療法の1つに分類されています。

アロマセラピーは昨今の健康ブームにのって、生活の中にとりいれられており、ストレス解消や癒し、美容といった分野のものと思っている方が多いと思いますが、出発点は医療であったようです。分娩だけでなく多くの内科的疾患、更年期障害などを代表とする婦人病の治療の補助療法のひとつとしても取り入れられつつあります。
(ご注意:妊娠中に使用できない精油もあります。)

■分娩前後に用いられる代表的な精油のご紹介

分娩時

分娩が順調に進行するためには、産婦さんが心身共にリラックスすることが大切です。そこでリラックス効果のある精油を使用しています。主に微弱陣痛の産婦さんに、足浴、マッサージを行っています。

ラベンダー 鎮痛作用、鎮静作用。心のバランスをとり、リラックスできます。疲労を回復し、穏やかなゆったりとした気持ちになり、分娩の進行を促進する効果を持つといわれています。不眠症にも効果的です。
ジャスミン 鎮静作用、分娩促進作用。緊張感と恐怖感を和らげます。気分をゆったりさせ、気持ちを温かくします。心身の緊張を緩和し、リラックスできます。抑うつ症に効果があるといわれ、積極的な気持ちを生み出します。

産後

産後の疲れを癒し、体に溜まった水分や老廃物を取り去り、心身のリラックスをはかります。膝から下をマッサージすることで、産後に見られるむくみの解消、予防にもつながります。

サイプレス 肉体的、精神的に過敏になっている状態を元に戻してくれます。体液バランスを整え、むくみ、静脈瘤にも効果的です。
ローズマリー 凝りをほぐし、血液循環をよくさせます。気分をすっきりとさせ、リフレッシュ効果を高めます。産後の疲れをとる効果があります。

      申し訳ありません。 現在 産後のアロママッサージは 都合により休止しております。