ペインクリニック (痛みの内科外来)

■ペインクリニックとは?

「ペイン」とは英語で「痛み」の事です。ペインクリニックとは、「痛み」を治療する専門の診療科です。
整形外科・内科・外科・皮膚科等の病気によって起こる痛みやしびれ等を診断・治療していきます。また病名はわかっているが、痛みやしびれが続くまたは原因がわからずに痛みや神経の不調が起こる。このような症状を総合的に治療する診療科です。

■どんな治療なの?

当院では神経ブロック療法を中心に、西洋薬や理学療法も取り入れ痛みの治療を行っています。更に漢方治療を積極的に取り入れてそれぞれの患者さんに合った治療法を一緒に考えて組み立てていきたいと考えています。

〈神経ブロック〉: 硬膜外ブロック、トリガーポイントブロック

神経やその近くに注射をして治療する方法です。専門の注射針を使って、局所麻酔薬、もしくはステロイドなどを注射します。痛みの循環をさえぎり、痛みを感じないようにする治療です。様々な種類の神経ブロックがありますが、多くの場合、血行を改善する作用があり、単に痛みを取るだけでなく、元の病気の治療作用を併せ持ちます。

■痛くありませんか?

皆さんはじめはそのような印象をお持ちになります。ただ、刺す針は細いものですし、針を刺すための麻酔もします。普通の採血などでも腕に針を刺しますよね、場所は違いますが、固定観念を捨てていただければ大丈夫ですよ。

実際、痛みがなくなった方のなかには “ためらっていた時間がもったいなかった“といわれることがありますよ。

                                                                    

■神経ブロック以外の治療はありますか?

レーザー治療・低周波治療 なども行います( こちら>>>) などが行えます。

漢方薬のご相談にも応じます。
(保険診療です。)

    

■実際、どんな病気があるのでしょうか?

基本的に手術が適応とならない各種の痛みの疾患(一部痛みを伴わない病気)に治療を行っています。

具体的に下記のような病気となります。 

                                    
■ 慢性頭痛(片頭痛・緊張性頭痛など)
■ 三叉神経痛(顔面痛)
■ 頸肩部痛(肩こり、五十肩など)や手のしびれ
■ 腰痛(骨粗鬆症、椎間板ヘルニア、ぎっくり腰など)
■ 神経痛(肋間神経痛、座骨神経痛など)
■ 帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛
■ 慢性関節リウマチ、変形性関節症など膝の痛み
■ 閉塞性動脈硬化症などの血行障害
■ 冷え性、花粉症、顔面神経麻痺などの痛みを伴わない病気   など

手術が必要ないしは良い適応と考えられる場合には、専門医を御紹介させて頂きます。

痛みは、感じ方が様々で、本人しかわからない測りし得ないものです。その問診を十分に行い適切な治療を一緒にしていきましょう。スタッフ一同、痛みのない快適な生活へのお手伝いをいたします。お気軽に御相談下さい。