漢方外来

漢方治療の考え方は患者さんの今ある全体像を把握し、全身のバランスを推し量り、個体本来の治癒力を引き出し、その人の健康であった状態に戻すための手助けをすることを基本としています。特に西洋医学だけでは補えないようなとき、一般薬の副作用が心配なとき、漢方でしか治療できないときなどに特に漢方が有効になります。もちろん西洋薬と組み合わせることによりお互いに相乗効果も期待できますし、西洋薬の副作用を緩和するはたらきを持つ組み合わせもあります。今までの治療では満足しない、なかなか効果を感じられないなどの症状をお持ちの方は、一度ご相談下さい。

 エキス剤も生薬も保険診療です。

もちろん検査各種(血液検査、レントゲン検査)などを行い、病気の原因を確認し、手術や特殊な治療が必要な場合は協力病院への紹介を行いますのでご安心ください。

漢方薬と西洋薬の違いは何でしょうか?

漢方薬は自然の生薬を組み合わせ、体の調和が乱れた場合に調節して整える薬です。自然の生薬の有効成分を取り出したり、合成的に作り出したのが西洋薬といえると思います。西洋薬は各種病気ごとに細かく分類され、即効性や効果が強力であることが大きな特徴ですが、逆に漢方薬は、ひとつの病気に効くのではなく症状や、病名がはっきりしない場合にも効く事が大きな特徴と言えます。それは漢方薬が体質や抵抗力といった疾患を持った患者さん個人を診ていることから可能となるのだと思われます。

現代社会の抱える成人病、生活習慣病、アレルギー疾患やメンタル面での病気など西洋薬だけでは対処しにくいような疾病に関しても、漢方薬の有効性が期待されています。

漢方治療が期待できる代表的疾患は

虚弱体質、アトピー性皮膚炎、花粉症などアレルギー疾患、肩こり、頭痛、便秘、冷え症、不眠症、関節痛、こむらがえり、頻尿、むくみ、生理不順、更年期症状、湿疹、感冒、気管支炎など

どんな診察が必要ですか

医師の五感をフルに活用し、患者さんから情報をえます。

 1.「望診」 目で見る診療方。

   顔色、動作、皮膚の色つや、舌の状態、体型、精神状態などを患者さんの全身から読み取ります。

 2.「問診」 西洋医学の問診とほぼ同じです。

   体質、病気の経過、過去に経験した病気、治療に対する反応など詳しくたずねます。

 3.「聞診」 耳で聞いたり、においをかいだりする診療法。

   声の大きさ、話す調子、咳などが判断材料です。

 4.「切診」 体に触れて行う診療法。

   脈の強弱、速さなどをみる“脈診”と、腹部の緊張、抵抗、圧痛などをみる“腹診”とがあります。

診察で得られた「証」(その患者さんの体質や抵抗力、病気の進行度)をもとに、処方する漢方薬を決定します。 困ってること、治したい症状や病気、気になること、今までにかかったことのある病気やアレルギーなどを、遠慮なく詳しくお話ください。

せんじ薬は処方可能ですか? 内服は面倒ではないでしょうか?

現在の漢方薬は煎じる必要のないパックに入っエキス製剤がほとんどです。煎じる手間がかからず、持ち運びが便利になり、手軽に飲めるようになりました。

一方、症状や治療の成果の出にくい方には煎じ薬を処方する場合もあります。

普通の診察に比べて料金は高くないですか?

変わりありませんのでご安心下さい。エキス剤もほとんどの生薬(せんじ薬)にも健康保険が適用されます。もちろん、初診料などの診察費や血液検査、画像検査なども通常の保険診療により行われます。